ごブログ

ども、【ごブログ】管理人のごほーチャンです。貴重なお時間を当ブログに足を運んで頂き有難うございます。日常の”キニナル”ものを調べているので良かったらゆっくりしてくださいませ。

【ブッダの悟り】人見知りが仏教の教えで自分と向き合う手法

私は誰かに診断された訳ではないが「人見知り」である。

一応、周りに笑顔を振りまいてはいるが、それは自分のキャラを演じているだけ。

前回の記事にも書いた教えの通り、その方が楽だからである。

今日はそんな僕と同じ”人見知り”に向けた仏教活用テクをご紹介する。

108の煩悩みたいにややこしくなく簡単、お手軽な気持ちで問題なし!

ブッダの悟り】人見知りが仏教の教えで上手く立ち回る方法

f:id:gohooooojapan:20190518161603j:plain

一度は「あのお笑い芸人のようにペラペラ、楽しいお話をしたい」

こう思った事はありませんか?うまく話したいのに、言葉が出てこない…

これが人見知りの特徴で、人見知りあるあるです。むちゃくちゃわかります…

今回はこの”人見知り”をブッタの教え、悟りからのテクニックを応用し

日常との向き合い方を学んでいきましょう。レッツ仏陀

ちょっと胡散臭いかもしれないけど、仏教の教えは言ってることは俄然まともです。

ブッダテクニック:まずは「四諦(したい)」を理解する

ブッダが後世に残してくれたありがたい言葉「四諦(したい)」を理解しよう

四諦(したい)

苦諦(くたい):この世の中(人生)は”苦”だと認める

集諦(じったい):苦しみの原因は煩悩などの執着心よりきていると気付く

滅諦(めったい):苦しみは無くせる、執着を断つ事ができると知る

道諦(どうたい):この苦しみを無くす方法がある事を知る

それでこの苦しみを無くす方法が「八正道(はっしょうどう)」というのですが

本日の目的はあくまで「自分と向き合うこと」なので今回はスルー!

四諦(したい)を”人見知り”が上手く認識・向き合う考え方

四諦を今度は人見知りという人にフォーカスした場合はこんな感じになる。

四諦・人見知りVer.

・苦諦(くたい)

対人関係を重ねると孤独感・不満足・苦痛を感じやすい生物だ。

・集諦(じったい)

その原因は「コミュニティを築ける人間が正義」という世間の基準が決まっており

そのせいで人見知りは萎縮、さらに加速し、疲弊してしまう。

・滅諦(めったい)

でも正しい知識や自己管理などを構成し、実践すれば世間の基準に囚われず

その苦痛を脱却する事ができる。

・道諦(どうたい)

その方法は日々の集中力を向上される訓練や、自己を整え理解する

マインドフルネス瞑想などが有効である(八正道)

こんな感じであろうか。陽キャラと陰キャラの選別をハッキリさせ

陰キャの良い部分を自分で理解し、「ポジティブな奴となんら変わりがない!」

という気持ちを持つべきである。

人見知り(ネガティブ)とコミュニケーション高い奴(ポジティブ)は活躍の場が

全然違うだけ!ブッダの名言で締めるなら「心に従いなさい」

極度の人見知りの人は自分とまずは向き合って、決して無理はしないように…

▼マインドフルネス瞑想に役立つ「ホットヨガ

ホットヨガloIve(ロイブ)

▼合わせて読みたい

www.onomimono.com