ごブログ

ども、【ごブログ】管理人のごほーチャンです。貴重なお時間を当ブログに足を運んで頂き有難うございます。日常の”キニナル”ものを調べているので良かったらゆっくりしてくださいませ。

不可抗力な事を謝罪してから喋ると相手との信頼・信用があがるという話

f:id:gohooooojapan:20190512130059j:plain

ネットサーフィンしてたら、こんな面白い研究があった。

▼PDFを翻訳するやり方(参考記事)

inakadaisuki.com

本日はおもしろおかしい研究から学ぶというそんなお話。

不可抗力な事を謝罪してから喋ると相手との信頼・信用があがるという話

 この研究はハーバードビジネススクールによるもので内容としては

被験者が街中で電話を借りる実験をしたところ

「携帯電話を貸してください!」とダイレクトに聞くよりも

「雨降っちゃてて、すみません!携帯電話を貸してください!」と言った方が

45%も貸してくれたという結果だったそうな…

人間のチカラではどうにもできない!部分を”謝る”というのがポイント

くだらない実験だったが、”謝る”というワンクッションをおくだけで

声をかけられた人の警戒心を解く事ができたのであろう。

コツとしては冒頭の謝るポイントが”人間ではどうにもならない”部分を

謝るのが肝らしい。なので「今日は暑くてすみません!」でも良いし

「バスが遅れちゃってすみません!」などでも良いという事だ…

この研究をした人いわく

「”謝罪”というモノはヒトとのコミュニケーションを簡単にしてくれる

ツールで自分に過失がなくても謝るのが大事」だそうです。

でもよく考えたらイキナリ「雨降っててすみません!」とか言われたら

すごくヤベー奴ですねw日本語にするならば

「雨降っているところ申し訳ない…」だと自然な入りになりそうです。

しかしおもしろい研究で楽しめました。

▼おすすめ記事

www.onomimono.com