ごブログ

ども、【ごブログ】管理人のごほーチャンです。貴重なお時間を当ブログに足を運んで頂き有難うございます。日常の”キニナル”ものを調べているので良かったらゆっくりしてくださいませ。

【ニキビの原因・大多数は食生活】特に摂取しない方が良いモノ5品

f:id:gohooooojapan:20190501181520j:plain

コンプレックス代表格ともいえる「ニキビ」

ニキビを防ぐために摂取しない方が良いモノを紹介していきます。

【ニキビの原因・大多数は食生活】特に摂取しない方が良いモノ5品

ニキビを防ぐための食材をザックリと分けると2つある。

  • 血糖値をものすごく上げるモノ
  • カラダに炎症を引き起こすモノ

「体内の炎症がニキビ!」と論文でも発表されてますし、信憑性も高い。

血糖値に関しても血糖負荷が高い食べ物摂取にインスリンの過剰分泌からの

成長ホルモン発生≫皮脂分泌を増加させ、ニキビの原因になり得るというわけだ。

成長ホルモンが必ずしも良いものっていう訳ではない。

肌によろしくない・あまり食べない方が良いモノ1:オメガ6脂肪酸が多いモノ

ω-6(オメガ6)脂肪酸の過剰摂取は炎症の原因。

精製油のオメガ6量がものすごい量ってのは有名な話で、ダイエットを

スタートしたいのならば「第一に油を変えろ!」という話もある。

そもそも”酸化”ってのが細胞によろしくない。安いシャンプーなどにもよく含まれる

▼オメガ6が多く含まれるもの

  • マヨネーズ
  • 市販のサラダ油

肌によろしくない・あまり食べない方が良いモノ2:ファストフード

まぁ当たり前ですね。精製油使いまくってますし

高カロリーに高脂肪は炎症を起こしやすい。

研究でも高脂肪の食材を使った悪化リスクは42%も上がるようだ。

ファストフードのニキビ要因のひとつに「遺伝子の発現が影響している?」との

見解もあるようです。単純に血糖値や高脂肪のみじゃないみたいですね。

いずれにせよ、ファストフードはニキビ良い食べ物ではないモノです。

肌によろしくない・あまり食べない方が良いモノ3:パン・パスタ・清涼飲料

精製されたものは基本的に血糖値を上げる。

特に精製された炭水化物(パン・パスタ)や清涼飲料の摂取量が多いと

ニキビ症状が激しくなる傾向や、悪化に至ったケースが30%増えたというデータもある。

その一方で野菜中心(葉物野菜)の食生活に変えた人はニキビが減った!というデータもある。

プロアクティブ+のような洗顔で除去するのも良いが結局、食生活の是正が最終形態だ。

肌によろしくない・あまり食べない方が良いモノ4:乳製品など

正直、これはあまり気にしなくてもよいかもしれないが、確かに乳製品により

インスリンが分泌し、ニキビに悪影響を及ぼすのは確かなのだがいうほど

気にしなくても良い気もしなくはない。そもそもニキビができる要因は…

そのあとに脂腺細胞から脂が多く出始めて「ニキビ」に変わるという流れ。

ニキビだけ気にしたら確かに取らない方がよい食材(牛乳・ヨーグルト等)なのだ

ただその他の栄養も多く含まれており(タンパク質など)

以上から乳製品に関してはニキビが激しい時期だけ悪化防止の為、控える程度で良い。

肌によろしくない・あまり食べない方が良いモノ5:チョコ・ココア

項目にあげといてですが、よくチョコ・ココアと聞くんですが

チョコとニキビ科学的根拠はないです

プロアクティブ+のサイトでは

アメリカ食品医薬品局FDAは、「ニキビと食事を関連づける科学的根拠はない」という見解を示しています。

と記載しています。

まとめ

まとめると…

  • 市場の油を使っているなら変えよう!※特にココナッツオイルは酸化しにくい
  • ファストフードでのニキビとは別の問題(遺伝子の発現)がある、回数は制限しよう
  • 朝はパンに偏る人は米も混ぜよう!パスタは調理カンタンだが程々にしよう!
  • チョコ・ココアはニキビと密接な関係は証明されていない!
  • 乳製品は極端にニキビがヒドイ時に控える!その他は程よく摂取!

とまぁこんな感じでしょうか?油は毎食摂取する事が多いのでこれは

オリーブオイルもしくはココナッツオイルには変えておいた方が良いと思う。

ココナッツオイルは加熱料理。非加熱料理にも適しています。めっちゃ便利!

まさに「食べる油」キニナル人は試して!

▼ココナッツオイル