ごブログ

ども、【ごブログ】管理人のごほーチャンです。貴重なお時間を当ブログに足を運んで頂き有難うございます。日常の”キニナル”ものを調べているので良かったらゆっくりしてくださいませ。

【人生をゲーム感覚で遊べ!】だってゲームなら何度でも挑戦するでしょ?

f:id:gohooooojapan:20190415181216j:plain

本日は人生=ゲームとして遊べという記事になります。

どっかの記事でもとりあげてはいるだろうが、あえて書く。

人生をゲーム感覚で遊べ!ゲームなら何度でも挑戦するから

人生をゲームとして遊べという何とも軽率な発言ではあるが

ゲームから学ぶ事はたくさんある。

しかしゲームと現実はかけ離れすぎているところもある。

▶︎ゲームと現実のかけ離れている箇所

  • 敵がチート級の魔王の可能性=気難しい上司、苦手な知人など
  • 成長する(経験値)=頑張った分との経験値がゲームと現実とかけ離れている
  • 立てた目標・夢(ゲームクリア)=それがハッピーエンドとは限らない

ゲームと現実はやはり簡単にいかないので、こんな感じですかね?

本日はそれら全部をふまえたとしても「ゲームから学べ!」と唱えます。

ゲームなら何度も挑戦するのに、現実だと一回の挫折で諦めてしまうのだろう?

高難易度ゲームでつまづいた時は「ちくしょう!なんでだ!」と文句を言う割に

何で顔を笑っているのだろう?よくあるシーンだ。

それは自分自身でミスを認めつつも、おもしろいからもう一度やるんでしょ?

何で現実はたかが一回の挫折・失敗で仕事を辞めたり、諦めてしまうのだろう?

理由はゲームは”架空”のキャラを使用し、ゴールを設けているからおもしろい。

RPGならばLV99みたいなカンストみたいなものですね。

でも現実にレベルは存在しないので数値化はできないし、おもしろくはない。

ならこんな考えはどうだ?

▶︎提案したい考え方

  • 自分を架空のキャラ設定(頭でもうひとりの自分を作る)
  • 直近の小さな目標に対し、経験値を設け、レベルを上がるボーダーを設定

本当に自分をアプリ化し、数値化して自己満足の世界を創世したらいいと思う。

会議に出席し、自分の意見を言えたら10経験値、遅刻を1ヶ月しなかったら

30経験値みたいな感じ?ハードルが低いポイントカード戦略みたいなものだろうか?

コツは小さな目標という設定をおすすめする。理由は自分で現実でこなせれる事を

設定する事でリアルな自分を客観視できるし、同時に達成した幸福度が得れる。

頭でもうひとりの自分を作る考えはセルフコンパッションを鍛える事にも繋がり

続けていれば効果がある※科学的にも証明されている。

僕が唱える人生=ゲームの転換はあくまで現実寄りの考えである。

【まとめ】人生=ゲームを本当に自分で具現化し、設定すればいいだけ

よくある人生=ゲームという記事は無理やりゲームに変換しているが

本当にゲームにしてしまえば良い、仕事がないニートだったらニートなりの

小さな目標を設定し、セルフコンパッションを鍛え自信へと繋げ

自分をアップデートを行い、次のゲーム攻略をガチで設定してしまえばよい。

▶︎関連商品