ごブログ

ども、【ごブログ】管理人のごほーチャンです。貴重なお時間を当ブログに足を運んで頂き有難うございます。日常の”キニナル”ものを調べているので良かったらゆっくりしてくださいませ。

【その職場荒らしてない?】4つのタイプから学ぶ!老害上司にならない方法

f:id:gohooooojapan:20190404133606j:plain

職場はアナタのモノじゃない!老害上司になってはいけない

「この話、俺は聞いていないぞ!」

「こんな売り上げだからお前はダメなんだ!」

「自分自身で考えてなんとかしろ!」

などと若い芽を潰すそんな上司たち、人はそれを「老害上司」と呼ぶ。

今回はそんな老害上司にならないいくつかのポイントをまとめていく。

まずは老害上司の可能性があるかチェックしていこう

なにがともあれアナタが老害っ気があるかどうかのチェックポイントをまとめた。

過半数以上あるならば、アナタ既に周りから”老害認定”されている可能性がある。

▶︎その考えは老害予備軍ですよ?チェックリスト

  1. ✔議論、討論では負けたくない
  2. ✔精神論や根性論が大好きである
  3. ✔業務は部下に任せるより、自分で進めたほうが早いと信じている
  4. ✔よく一時的な感情が爆発し、声量などが上がってしまう
  5. ✔デスク周りが異常に散らかってしまっている
  6. ✔組織のマネージメントより現場が大好きで楽しい
  7. ✔何年も前の事を思い出し、怒る事がある
  8. ✔職場の人の悪口で盛り上がってしまうと止まらなくなる
  9. ✔周辺にどう思われているか?が常に気になる
  10. ✔部下の成功は自分の協力のもとでの成功である
  11. ✔与えられたノルマの達成が第一である
  12. ✔デジタル・新しい技術にかなり疎い

老害タイプを4つに分類・アナタはどれかに該当するかも…

▶︎謀略(ぼうりゃく)型

【特徴】

  1. 求めているのは「数字」や「結果」のみ
  2. 部下のミスは理詰めで追求する
  3. 周囲の自分の評価にかなり敏感
  4. 責任転換が大の得意

なにかと「数字」や「結果」にこだわる傾向があり、成し遂げる”過程”ではなく

結果が全て。部下に関しては自分の評価に値するかどうかで躊躇なく切り捨てる。

感情を高ぶらせる場面は表面化しにくい。数字に強いので周囲からは”デキる人”と

評価されるが人間力が欠陥している。

▶︎機械型

【特徴】

  1. 自分ルールにやたらこだわる
  2. 自分に興味がないものは部下に丸投げ
  3. 管理職より専門職でいたい
  4. 周囲との挨拶や無駄は話は苦手ある

興味の対象や得意な分野が明確で得意分野であれば度がすぎる程

細かく指示をするが、こだわりすぎるがあまり部下のやる気を削いでしまいがち。

逆に興味がない仕事、苦手分野は完全放置。

その他、意見の相違などあった時は妥協点、落とし所ポイントを判断するのが苦手。

▶︎激情型

【特徴】

  1. 感情のコントロールが苦手
  2. 自分への反論、不平不満や批判に過敏
  3. 気にくわないとヒトやモノに当たる
  4. 過去に腹を立てた事案に根を持ったりする

人の好き嫌いが激しく、敵か味方をやたら作りたがる。信頼する人には

トコトン尽くすが、一度自分を否定されてしまうと”敵認定”してしまう。

挽回しても根を持つので”リセット”する事ができない。

話しているとヒートアップする性格なので過去の出来事を思い出し怒りを増幅

結果、何が言いたいのかわからなくなる。権限移譲が苦手。

▶︎自己愛型

【特徴】

  1. 周囲に忙しさをやたらアピールする
  2. 体調不調でも無理して出社しがち
  3. 人の話を最後まで聞かない
  4. 過去の武勇伝や成功事例を何回も話す

自分がいなければ職場がまわらないと勘違いしがちで部下の手柄は自分のおかげ

自分を過大評価し、結果的に部下をこき下ろす。

承認欲求が非常に強く忙しさを周りにアピールする為、部下を罵るポイントを

見つければ大きな声で怒る。自己愛が強いので部下への愛の欠落、サポートは苦手。

老害防止を気にするなら「話を聞く姿勢」がカギ

上記4タイプの思考を第3者目線におき理解、把握する事ができれば

自然に老害は解消できる。

激情型のように自分の感情コントローロールが苦手なのであらば

カッとなるタイミングで深呼吸するなど行う。

勘違いしてはいけないのは自分も”組織の一員”と気づく事。

「部下を支配する」という考えがある時点でアナタは既に老害上司予備軍である。

部下があってこその組織なのでしっかりと部下の意見を”聞く”という

日常のコミニュケーションを心かけるべきである。

どうしても自分を”変えれない”なら誰かに話を聞いてもらおう

「わかってはいるけど…」という人は日常でわかってもらえない人が多いと思う。

そういった場合はプロに頼って自分を変えてもらおう。

今では出向かずともオンライン上で話を聞いてもらえるので便利です。

▶︎おすすめサイト

オンラインカウンセリングなら日本最大級の「cotree」